「鎌倉ハムクラウン商会さんの紹介で お付き合いが始まりました。みなさん とともに商品開発する会社です」と挨拶する大進食品専務取締役商品企画開発・宮沢芙美子さん。

 1983年創業の大進食品(横浜市)は加工食品の開発・販売を行う会社です。「からだにやさしいよ」をテーマに、遺伝子組み換え食品不使用、化学調味料・合成添加物不使用、国産原材料にこだわった商品を製造しています。

 自然派Style国産シリーズ「やっぱり自然豚de餃子」「神山鶏のぱくぱく餃子」は、七星食品「自然豚」モモ肉、イシイフーズ「神山鶏」、国産丸大豆醤油「自然派Style自然の恵」、「自然派Style蔵出し糀味噌」などコープ自然派の商品を原材料に開発されたオリジナル商品で、皮(北海道産小麦粉使用)から手づくり。「神山鶏のぱくぱく餃子」は神山鶏ムネ肉の利用向上を目的に誕生した商品で、神山鶏ムネ肉100%、ニンニク控えめにシソと味噌の風味を効かせて女性に絶大な人気があります。

 「安心・安全・味のこだわり」を基本にママ目線でつくられる「マムシリーズ」は、「加工品だからこそ、中身のしっかり見える確かなものを」と家庭の味に限りなく近い商品開発を心がけているとのこと。マムシリーズの「焼いて簡単ピザ巻きイタリアン」「フライパンで簡単春巻」は手で1つ1つ平らに皮を巻くことでフライパン調理を可能にしています。「北海道発マムのカニクリームコロッケ」「北海道発マムのホタテクリームコロッケ」は北海道産小麦のパン粉、よつ葉乳業のバター、朝搾りの北海道産生乳を使用し、北海道の提携工場で製造。「ママンの手のばしモチモチナン」は、北海道産小麦粉「ゆめちから」100%、低トランス脂肪酸ショートニング、イースト、砂糖、塩、なたね油のシンプルな原材料でつくられ、自然解凍後、加熱なしでもっちりふっくら感を再現。「商品開発している専務の宮沢は私の母です。私が子どもの頃、開発途中の商品がお弁当によく入っていました。時々、他社製品が入れられることがありましたが、残していたそうです」と話す宮澤香織さん。商品のおいしさに定評があり、「どの商品も手づくりするよりおいしい!」と参加メンバーからも絶賛される冷凍庫の定番です。

商品の説明と試食の準備をしていただいた豊永隆幸さん(右)と宮沢香織さん。

Table Vol.382(2018年12月)

自然派Styleのウェブサイトもぜひご覧ください。自然派Style