生産者のみなさんに聞きました。

イシイフーズは「神山鶏」の鉄板焼きで出店。 神山鶏の飼料は非遺伝子組換え&PHFトウモロコシや大豆かす、飼料米など植物性のみ。また、鶏ふんは高性能堆肥「大地のサプリ」として活用され、コープ自然派の有機野菜づくりや地域の環境保全型農業に貢献しています。

「自然派Styleトマトケチャップ」の光食品・島田光雅さん(右)と卓興さん。「今後もオーガニックの新商品を多数手がけたいと思います。組合員さんの意見から誕生した『有機フルーティーMixジュース+ 野菜』のような商品開発にも取り組みたいです」と卓興さん。

「商品基準の高さ、社会的活動などコープ自然派の理念を20年間にわたり守り続けてこられた姿勢がすばらしいと思います。新しい組合員さん向けに、基本的な商品情報も発信していきたいです」と「源流米」でおなじみ、高生連・松林直行さん。

「自然豚」「さぬき夢うどん」の七星食品のみなさん。「生産者、組合員、職員のみなさんが総力を挙げて準 備に取り組んでくださったおかげで成功につながりました。継続して開催したいですね」と七星食品・ 東原寛二さん(左端)

「自然派ポークウィンナー」の鎌倉ハムクラウン商会は「串ざしフランクフルト」をキッチンカーで販売。「予想以上の来場者数で、組合員さんに元気をいただきました。今後の利用につながることを願い、ぜひ、また開催したいです」と鎌倉ハムクラウン商会・霜田浩さん。

「国産小麦について質問や原材料表記をチェックされる方が多く、ますます食の安心安全が求められています。商品の価値を理解し購入してくださる組合員のみなさんに守られていると実感しました」と米麦館タマヤ・西尾英之さん(中)。

 

1 2 3