数年前からテレビをほとんど観ない私は、「これを食べれば~~に効く」といろいろな食品がテレビで話題にされても知らないことが多い。少し前にも「感染防止によい!」と納豆やヨーグルトが話題でスーパーでは売り切れていたようですが、2品ともコープ自然派の自動注文に登録してる我が家では、注文クリックすらすることなく普通に届けてもらっていて、そんな騒動が起きていることも友人から教えてもらって知ったのでした。コープ自然派いつもありがとう!生産者さんも、運送会社の方も。ピッキングセンターの皆さんも、配送スタッフや生協の役職員さん、連合会の職員さん、すべての方が大変な状況の中でも休まずに、いつも以上に忙しく働いてくださったおかげで、私たちは普段と変わらぬものを食べ、安心してステイホームすることができたのです。本当に心から、ありがとうございました。

 あっ、今月の記事これで終わり~みたいになっちゃったけど、ぬか漬けです。ヨーグルトや納豆が免疫力アップにいいというなら、植物性乳酸菌の宝庫「ぬか漬け」も出番です。初チャレンジしよかなって方は「ツルをよぶお米で作ったぬか床(堺共同漬物)」が簡単便利失敗なしでよろしいかと。正直言うと、自作のぬか床持ちの私はこの商品は使ってない。でもおススメできる理由は、堺共同漬物さんの「みずなす漬け(ぬか漬)」がすこぶる美味しいのと、このみずなす漬けのまわりにたっぷりついてたぬか床をスターターにして育てた我が家のぬか床は、少々お手入れをサボってもイヤな臭いが出たりせず超優秀だから。想像だけど、ここの乳酸菌はとっても丈夫で雑菌を寄せつけにくいのだと思います。省農薬・無農薬の米ぬか使用なのもうれしいポイントです。

 毎日かき混ぜる自信がなければ、真夏は冷蔵庫の野菜室に入れれば2日ぐらいほったらかしても平気へいき。床から出してすぐ冷たく食べられるのも便利です。キュウリにナス、みょうがや新生姜。人参、キャベツ、セロリに長芋。浅めに漬けてサラダ感覚でパリパリ美味しく野菜補給。我が家のお気に入りは、漬け過ぎ一歩手前ぐらいの酸味と旨味がのった漬物にスパイス&オイルをちょい足しした変化自在のおつまみ仕立て。例えば粗びき黒こしょう&オリーブ油で、白ワインにぴったりのぬか漬けイタリアン。九鬼さんのスパイシーな香辛胡麻辣油と黒酢ちょっぴりで中華風や、ガーリックパウダーと一味唐辛子&ごま油で韓国風。この夏ぜひお試しあれ~。

料理研究家 うの まきこ
日本の伝統食を考える会会員。食品メーカーでアイスクリームなどの新製品開発等に従事したのち、料理研究家古川年巳氏に師事。わかりやすいレシピと、野菜をたっぷり使ったヘルシーで簡単な料理に定評がある。アトピーっ子のための簡単な除去食メニューも得意。コープ自然派奈良前理事長。

Table Vol.418(2020年6月)

「わくわくキッチン」の記事一覧>>