子どもの頃から毎日同じ行動を続けることが苦手でした。でも50年前の小学生には学校に通わないって選択肢はイメージ外。友だちとのおしゃべりや休み時間は楽しいから日々登校したけれど、もし小中高一貫の学校だったら12年間も飽きずに同じ所に通えたかどうか怪しいものです。「朝晩歯磨き」とか「帰宅したら手洗いウガイ」とか、幼い頃に躾けられた超基本的なこと以外、まったく継続力がない自分の性格が情けなくて嫌いでしたが、ある日、占い師に「あなたは大変飽きっぽい性格で、計画的に物事を進めたり、ルーティンワークにまったく向かない星回りです」と断言され、めちゃめちゃ納得。「なぁんだ、ホロスコープのせいやから仕方ないわ」と気が楽になりました。

 それからは新しい日課にチャレンジするのが怖くない!だって3日坊主で当然なんだも~ん。4日目5日目と継続できれば自己肯定感爆上がり(笑)。そんな訳で、今年もいろいろ始めました。成功例は毎日トイレ掃除。「あたり前やん‼」と言わないでね。私にはメンドウだったトイレ掃除克服のきっかけは、庭のダイダイ。大豊作で果汁を絞った後の無農薬の皮が使いきず、もったいないから表皮だけをエタノールに漬けてみた。2週間ほどで美しい橙色の香り良い液体が誕生。500㎖のスプレーボトルにこの溶液を50㎖+ティートリーやユーカリ、ミント、ローズマリーなど殺菌力のある精油を合計10滴位入れて振り混ぜ、450㎖の水とクエン酸小さじ1も加えてシェイク。クエン酸が溶ければ完成です。朝一番に便器や床にシュシュッとスプレー、トイレットペーパーでササッと拭き取るだけの手抜き掃除だけど、毎日続けると気持ちいい。目覚めにピッタリな自分好みの香りに包まれながら2分程でできちゃう日課がしっかり習慣になりました♪もし、コープ自然派の無農薬柑橘類の皮がおうちで余っていたらぜひお試しを。お掃除タイムが癒し時間になりますよ。

 やや成功は玄関掃除( 掃除ばっか汗)。旅行できない憂さ晴らしにちょっと贅沢な台湾茶葉を購入。これが素晴らしい香りとまろやかな味わいで何とも優雅なティータイム。で、残った立派な茶葉を昔おばあちゃんがやっていたみたいに玄関に撒いてお掃除したら具合がいい!ほこりや小石が茶葉にからみ、ほのかな香りも漂います。ちりとりで全部すくい取った後は適度な湿り気をダスターで拭き上げればスッキリ爽やか。毎日ではないけれど、美味しいお茶と美しい玄関がセットで楽しめるお得な習慣、来年も続けたいな。

料理研究家 うの まきこ
日本の伝統食を考える会会員。食品メーカーでアイスクリームなどの新製品開発等に従事したのち、料理研究家古川年巳氏に師事。わかりやすいレシピと、野菜をたっぷり使ったヘルシーで簡単な料理に定評がある。アトピーっ子のための簡単な除去食メニューも得意。コープ自然派奈良元理事長。

Table Vol.454(2021年12月)より
一部修正・加筆