2019年9月22日(日)、「コウノトリ育むお米」を生産する兵庫県豊岡市にコープ自然派組合員家族が集合。台風接近のため予定されていた恒例の稲刈りはできませんでしたが、「生きもの調査」やエコバッグづくり、環境クイズなどを楽しみ、昼食は「コウノトリ育むお米」の新米(玄米・白米)と豚汁を味わいました(NPO自然派食育・きちんときほん&コープ自然派兵庫共催)。

秋の田んぼにもさまざまな生きものたちが棲息。

土の中、畦、水の中、空にはどんな生きものたちがいるかを確認しました。

JAたじま職員のみなさんが「コウノトリ育むお米」をかまどで炊き上げます。

「コウノトリ育むお米」も豚汁も大好評、おかわり続出でした。

当初からの「コウノトリ育むお米」生産者・上山さん。

JAたじま・浜田さんに教えてもらって、「コウノトリ育むお米」の袋を使ったエコバッグをつくりました。

ちょっと大変でしたが、素朴でおしゃれなバッグ完成。10kgの重さに十分耐えられるそうです。

稲刈りできなくて残念でしたが、JAたじまのみなさんの工夫を凝らした企画に満足。

Table Vol.403(2019年11月)